アクアタイマーシリーズについて

男性

初のダイバーズウォッチ

IWCのアクアタイマーというシリーズの時計は、1976年ごろに出てきました。アクアタイマーシリーズはIWC初のダイバーズウォッチです。ダイバーズウォッチはダイビングに適した時計のことを指し、今ではいろんなモデルを目にします。

デザインについて

ダイビング向けの時計ということで、デザインのバリエーションが狭いのではないかと思われていることがあります。実際にはそんなことはありません。ダイビング向けで防水加工がされていても、デザインのバリエーションは狭いなんてことはありません。

深く潜っても大丈夫

ダイバーズウォッチであるアクアタイマーシリーズですが、年式やモデルによって防水性能のレベルが異なっています。防水性能レベルが高いものだと、深く潜っても大丈夫なものがあります。また、深海でも時間確認ができるように文字盤を工夫したものもあります。

取り扱いについて

現在IWCでは、11種類のアクアタイマーシリーズモデルが取り扱われています。昔のモデルを入手するとなった場合、中古での取引になります。中古でも質が良いものが多く、定価以上の価格で取引されていることがあります。

アクアタイマーシリーズ

クロノグラフ

ステンレススティール製なので、ビジネスやカジュアルでも違和感なく装着することができるクロノグラフモデル。ステンレススティール製ということで、エレガントな雰囲気があります。アクアタイマーシリーズ特有の防水性能はしっかり備わっています。

クロノグラフガラパゴスアイランド

このモデルですが、2009年にIWCがある財団とのパートナーシップを記念して作られたものです。クロノグラフガラパゴスアイランドはマットブラックがメインカラーになっていて、ケースはラバーコーティング、ブレスレットとストラップはラバーになっています。

オートマチック(オートマティック)

オートマチック(オートマティック)はクロノグラフとは違い、ベルトはラバーストラップになっています。色は黒で、文字盤と同じです。文字盤とベルトの色が統一されていることで、シンプルかつスタイリッシュな見た目になっています。防水性のレベルはアップされています。

クストーダイバーズ

クストーダイバーズですが、初代モデルは世界1953本限定で販売されていました。そんなクストーダイバーズは、深海を思わせる深みのあるブルーを使っています。文字盤は落ち着いた色味のグレーを使っていて、とても綺麗なデザインになっています。

スプリットミニッツクロノ

クロノグラフガラパゴスやオートマチック(オートマティック)同様、スプリットミニッツクロノもベルトはラバー製のものが使用されています。それ以外はチタンを使っていて、とても軽いです。文字盤に黄色が使用されているので、潜水時間の確認がしっかりできます。

広告募集中