パイロットのための腕時計

IWCの腕時計にはパイロットウォッチというものがあります。パイロットウォッチは名前の通り、パイロットのための時計のことで、IWC以外にも多くの高級腕時計メーカーがパイロットウォッチを取り扱っています。

パイロットウォッチシリーズ

オートマティック36

パイロットウォッチシリーズの中でも、このオートマティック36はIWCの現行モデルのひとつです。このモデルはシリーズの中でも最小サイズで作られていますが、42時間のパワーリザーブ、早送り機能などが備わっています。

タイムゾーナー・クロノグラフ

このタイムゾーナー・クロノグラフですが、回転式ベゼルに24か国のタイムゾーンを代表する都市の名前が記録されているので、一つの腕時計で他国の時間を確認することもできるのです。世界の時刻を確認することができるということで、パイロット職に就いている人たちから人気があります。

ビッグパイロットウォッチ

このモデルでは、初期モデルの伝統を取り入れたデザインになっています。そのため、このビッグパイロットウォッチでは、日付と曜日のみの表示になりました。パワーリザーブは7日間を超えるつくりになっていて、168時間を超えると停止するようになっています。

クロノグラフトップガン

パイロットウォッチシリーズということもあって、クロノグラフトップガンはブラックのコックピットデザインがモチーフになっています。クロノグラフトップガンのパワーリザーブは3日分、そしてケースのサイズは44mmになっています。

スピットファイア

スピットファイアという名前ですが、英国空軍の単発戦闘機の名前でもあります。そこからスピットファイアの名が付けられました。そんなスピットファイアはレッドゴールド製ケースを使用していて、エレガントさを演出しています。

パイロットウォッチとは

腕時計

要望を実現させるために

今では複数のモデルがあるIWCのパイロットウォッチですが、初代は1936年ごろに世に出てきました。パイロットウォッチはパイロットのための時計ということで、当時からパイロットや乗務員の要望を実現させるように努力してきました。

情報について

多くの時計ブランドがパイロットを出していることもあって、パイロットウォッチに関する情報がたくさん公開されています。ブランド別でのオススメモデル、年代別人気のパイロットウォッチランキングなどいろんな情報があります。

情報の種類が豊富

パイロットウォッチに関する情報が公開されているとのことですが、IWCのパイロットウォッチの情報ももちろん公開されています。IWCのパイロットウォッチの歴史、そしてモデルの紹介など種類は豊富です。中には愛好家のブログもあり、魅力を語っています。

普段使いが目的でも持てる

パイロットウォッチですが、パイロットや乗務員に役立つ機能や性能が備わっていると言っても、普段使いとしても選ばれています。実際パイロット職じゃなくても、パイロットウォッチを持っている人は多く、デザインに惹かれて購入したという声があります。

中古でも購入されている

上記で紹介されているように、IWCのパイロットウォッチは複数あります。ここで紹介されているもの以外のモデルもあり、多くの人が購入しています。昔のモデルだと中古で購入されています。中古でも性能、使い勝手がとてもいいです。

広告募集中